スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Kula Shaker / K 

K K
Kula Shaker

1990's / Rock / UK

"サイケなギター"

Amazonで詳しく見る
 私が大学生活をしていた1990年代後半、それはUKロック全盛期。生まれては消え、消えては生まれ、UKロックバンドが滝のように日本へ上陸する。そんな中で、私もひたすらUKロックを追いかけた。そんな時代に、私がよく聴いたアルバムから5枚をピックアップして紹介していきます。

 2枚目はこれ。クーラ・シェイカーの1stです。
 1曲目"Hey Dude"からギターのカッコ良さに大興奮してしまった記憶があります。他のUKロックバンドにない圧倒的な躍動感、宗教的な臭い。とてもとてもサイケデリックなアルバムです。

 このバンドの宗教的で神秘的なサウンドの原点は、ジョージ・ハリスンのインド音楽から端を発している。ビートルズ時代で言えば、リボルバーでの"Love You To"や、サージェントでの"Within You Without You"辺りがそうである。そういったジョージの曲を耳にしていたからか、このバンドにも変な違和感などなくすんなり入っていけたのだろう。

 そういったインド的な要素が色濃い、"Tattva"や、"Grateful When You're Dead/jerry Was There"は特にお気に入りです。

スポンサーサイト

[2006/07/17 22:05] UK@Kula Shaker | TB(0) | CM(7)

このアルバム当時よく聴いてました。

このインド系サイケグルーヴは独特のものがありましたよね。イギリス人にしては珍しく(?)ライブもよさそうな新人でしたね(笑)。観たことないんですけど…。でもこの時代はアメリカのいいバンドもいっぱい出てきてたような気がするんですけど日本のメディアもファンもイギリスびいきだからひねくれてアメリカのバンドの方を良く聴いてたんですよ(笑)。このバンドはアメリカのバンドに負けないライブするだろうなって感じてたんです。直感ですけど。観たかった。
[2006/07/18 21:42] gaku69ab [ 編集 ]

なるほど~

私はべたにイギリスを追いかけてしまった。もちろんアメリカのバンドも聴いてましたよ。それなりに(笑)。私もこのバンドのライブ観てませんが、確かに凄そうな感じがしますね。
[2006/07/19 20:31] stereotype [ 編集 ]

復活するらしい。

"Hey Dude"、PVも格好良かったですよね!!

Vo.のクリスピアンが、プロディジーのアルバムに参加したのも、話題になりましたっけ。

そうそう。
復活するらしいですよ、クーラ・シェイカー!!

そうですね!

フジロックに出るらしいですね。
新作はどんな感じなんだろー。
聴いてみたいですね。
[2006/07/22 18:08] stereotype [ 編集 ]

スポーツインストラクターと30代,40代の転職

スポーツインストラクターは、多くの人がスポーツを楽しめるように、技術の向上や体力の増強をアドバイスする http://lamprey.misterblackband.com/
[2008/09/05 06:09] [ 編集 ]

ライト・照明

ライト・照明を探すなら http://www.tabayuya.jp/100804/100805/
[2008/10/06 14:43] [ 編集 ]

野球

野球を探すなら http://www.mnpainctr.com/101070/200168/
[2008/11/12 14:03] [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://stereotype2.blog48.fc2.com/tb.php/95-85b64f23









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。