スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Grateful Dead / Workingman's Dead 

Workingman's Dead Workingman's Dead
Grateful Dead

1970's / Rock / USA

"カントリー・デッド"

Amazonで詳しく見る
 楽しい週末を過ごし、月曜日を迎える。仕事だ。午前中は進捗会議。あっという間に現実に戻される。現在の進捗で今月末の納期に間に合うのか??焦りながら仕事に没頭。疲れ果てる。そう、私はシステムエンジニア。ビタミンCがどんどん減っていく。
 仕事を終え、電車の中でふと、このアルバム"Workingman's Dead"が聴きたくなった。癒されたかった。
 "グレイトフル・デッド=サイケで実験的"という図式を打ち破った本作は、アコースティックで軽快なカントリー・ロックとなっている。それ故に、癒された。
 特に好きな曲は"Uncle John's Band"。哀愁漂うメロディに繊細なアコギが絡む。美しいコーラスワークを耳で感じながら、昔の自分を思い出す。2年前の結婚式で、自分のプロフィールビデオのバックにもこの曲を用いた。それだけ思い入れが強いのである。
 この曲、このアルバムを聴きながら、ヒッピーとして放浪しライブを続けたジェリー・ガルシアたちを妄想しながら、疲れた体が癒されて、曲のリズムに心弾む。明日も仕事がんばるか。
スポンサーサイト

[2006/05/22 23:35] USA@Grateful Dead | TB(0) | CM(5)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。